お問い合わせ
ー広島市西区にある幼稚園です。己斐みどり幼稚園は小学校へのスムーズな移行を真剣に考えますー

気になる子について

当園の特別支援教育の考え方

現在、“気になる子”が教育現場で話題になっています。
“気になる子”というのは、具体的には、ADHD(注意欠陥多動性障害)、AS(アスペルがー障害)、LD(学習障害)、HFA(高機能自閉症)などがあります。
文部科学省によると、これらの子ども達は、全体の6.3%とされていますが、実際はもっと多いというのが定説です。
“障害”という単語は、日本では必要以上に重く受け止められがちのようですが、“気になる子”たちの症状は周囲のかかわり次第で特性として捉えることができるようになります。
障害の有無にかかわらず、苦手分野は誰にでもあります。得意分野ももちろんあります。苦手分野は環境によって、さらには得意分野によって補うことができます。
つまり、彼らの“症状”を活かして、“特性”として捉えなおせるような環境を用意しよう!という考えの下、傾向の早期発見と個に合った適切な対応に向け努力しています。
保護者の皆様と、当園、またはその他教育、福祉機関が手を携えて環境を整えていけば、必ず、症状は特性として活かせるものと考えています。

お父さん、お母さんへ

もし、「気になるなぁ」「どこか違うかも・・」とお悩みでしたら、入園する、しないにかかわらず、お子様とご一緒に一度ご来園下さい。
当園にて、お母さん、お父さん自身がお子様を自ら確認してお子様の特性を捉え、お子様に合った子育てができるよう応援していきたいと考えております。

入園を検討されている皆様へ

当園は、平成27年度より子ども・子育て支援新制度に移行し、施設型給付を受ける幼稚園となりました。従来より発達障害を抱えるお子様の受け入れに積極的に取り組んでまいりましたが、今後は
毎年の園児募集時に園の実態を考慮した上で障害児優先枠を設け、その枠内であれば、障害を抱える入園希望者を優先的に受け入れることに致しました。

一人ひとりに適切な支援と教育を 行う為、限られた枠ではありますが、募集時に前もって申し出ていただいた場合は、以下の事項に従って、優先的に入園を検討いたします。



◎発達障害を含む障害を有する、又はその可能性のある場合は、選考前にお知らせ下さい。
◎入園の是非は、療育センターなどの専門機関の判断に従うことを前提とします。
◎障害児優先枠を超える入園希望があった場合は、己斐中学校区内に居住する方を優先し、さ

 らに超える場合は、抽選となりますので、予めご了承ください。

◎募集前から専門機関の利用の履歴があったのにもかかわらず、事前の申し出がなく、入園後

 にそれが発覚した場合、または、専門機関の利用の履歴は無いが、入園後に特別な支援を要

 すると判断した場合は、各種専門機関での診察を求めると共に、障害児受け入れ人数上限

 を超えている場合は、専門機関の指導の下、広島市との協議の上、利用調整の手続きをとら

 せていただきます。

◎障害児優先枠(人数)は、毎年園児募集時に発表いたします。(入園説明会資料に明記します。)



発達障害を抱えるお子様への適切な教育、支援には、保護者の皆様の理解が第一に必要にな

ります。そのことを踏まえ、上記の内容に何卒、ご理解とご協力をお願い致します。